Blog - 日々

20180707-01.jpg
20180707-02.jpg
20180707-03.jpg

【会期】
 2018年7月7日(土) ~ 7月16日(月・祝) 11:00~18:00 ※11日(水)休廊
 ※11:00~18:00(最終日17時)

 日本酒と日本画を愉しむ会
 熊本×福岡の日本酒試飲会と作家によるギャラリートークを開催します。
 定員30名 
要事前予約下さい
 7月7日(土) 18:00~20:00 参加費:2000円

【お問い合わせ】
・なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20180519-01.jpg
20180519-03.jpg

【会期】
 2018年5月19日(土) ~ 5月27日(日) 11:00~18:00 ※会期中無休
 ※汽水社11:00~21:00(延長あり)
【お問い合わせ】
・なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562
・古書汽水社 熊本市中央区城東町5-37-1F(上通並木坂沿い)TEL 096-288-0315

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20180420-3.jpg

作家たちによるペットをモチーフにした展覧会です。
期間中、作家がペットをアートにする、受注会も兼ねています。

愛する手と作る手が、コラボする10日間。

「このニャンコ達を描いてくれませんか」
始まりは一枚の写真でした。
少し立ち入ってお話を伺うと
「私はこの子たちに救われました。この子たちのお陰で命拾いしたんです」
と熊本地震で被災したときのエピソードを話してくれました。
頼まれた理由を聞くと、写真の見え方が少し変わります。
その後何件かの注文を受け喜んで頂きました。目の前で涙される方もおられた。
愛ですよねぇ。
特に意識したことはないけれど、私も毎日わが家の猫に話しかけています。

愛する「うちの子」を永遠のアート作品に。 しかも壱万円~(税別)

〈楽しみ方〉

本展は、まず、ペットをモチーフにした展覧会としてお楽しみください。
それだけでも十分ご満足いただけますが、もし、あなたがペットを飼っていたら
(飼った経験があれば)もう一つお楽しみが待っています。
この展覧会は、三人の中で気に入った美術家が、
あなたのペットを作品化する受注会を兼ねています。
実物を連れて来てもOK、写真を材料にしてもOK。
あなたの「うちの子」への熱い思いを聞かせて下さい。
ここから傑作が生まれると確信しています。(中尾)

林 浩(はやしひろし)

1953年熊本県生まれ。
1976年東京藝術
大学 美術学部 絵画科 油画専攻卒業。
2003年 「九州力」熊本市現代美術館 熊本、
2004年 「decrescent」熊本市現代美術 館 熊 本 、
2013 年「imago mundi Luciano Benetton Collection Contemporary」ベネチア
など展覧会多数。
現代美術家として知られるが、全く異なるもう一つの顔で、
やさしさに包まれたペットを描く。

しまうち みか  

1987年 熊本県生まれ。
2013年 崇城大学 大学院 芸術研究課修士課程彫刻専攻修了。
2012年「Lesson」 つなぎ美術館 熊本、
2016年「DOG ~猟師よ、ここは私のテリトリー~」 なかお画廊 熊本、
2017年「しまうちみか個展」ガレリア・グラフィカbis 銀座 東京
2018年3月個展福岡赤坂WHITESPACEONEなど展覧会多数。
2014年 第5回香梅アートアワード奨励賞受賞。
「生」も「死」も抱きしめるドローングや彫刻が心を揺さぶる。

東耕平(ひがしこうへい)

1983年熊本県生まれ。
崇城大学 芸術学部博士課程満期退学。
現在、菊池市地域おこし協力隊で活動しながら崇城大学で非常勤講師も務める。
2004年に日展初入選、以降数回入選し現在日展会友。
2009年初個展「東耕平彫刻作品展」ギャラリー楓 熊本。
2010年メディエーションズ・ビエンナーレ「The Unknown」ポーランドに参加。
他、個展、グループ展、ワークショップなど県内外で活動中。

 

会期 /2018年4月20日(金) ~ 4月29日(日・祝) 11:00~18:00
   会期中無休/入場無料
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20180210-3.jpg

20180210-4.jpg

5人の作家によるさまざまな技法で 
美しい花や風景など「春のよき日」をテーマにした作品を展示いたします。

蔵野 由紀子(アクリル画)
武内 明子(混合技法)
忠田 愛 (銅版画)
信國 由佳理(銅版画 ペン画)
原 陽子 (版画、油彩画)

原 陽子

1996 武蔵野美術大学大学院 造形研究科 美術専攻版画コース修了
アーティストインレジデンス招聘(アートスタジオ五日市・あきるの市)
2002-'03 文化庁 国内研修員  
2006-'07 文化庁 新進芸術家 海外留学研修制度 研修員 アイルランドに滞在
 

主な展覧会
1994 第9回ソウル国際版画ビエンナーレ(第10回)  韓国 
1996 第64回日本版画協会 版画展(山口 源 新人賞受賞)東京都美術館 
第25回毎日現代日本美術展 東京都美術館
柳沢画廊 埼玉(個展)('98,'99,'02,'04,'08,'11,'15)
養清堂画廊 東京(個展)('98,'01)
1997 第4回さっぽろ国際版画ビエンナーレ 北海道
ギャラリーゆう 岐阜(個展)('98,'99,'00,'02,'04)
1998 Space-現代日本版画展 ティコティン日本美術館 イスラエル
1999 Lines of Sight (武蔵野美術大学・アルバータ大学 (カナダ) 版画交換展)
羊画廊 新潟(個展)('01,'03,'06,'09,'13,'15 )
2000 the Ren Brown Collection gallery アメリカ (個展)(`12) 
  シロタ画廊 東京(個展)('03,'05,'09,'16)
202001 ギャラリーたむら 広島(個展)('03,'05,'08)
2004 Yanagisawa Show   Graphic studio gallery , Model arts and Niland gallery  アイルランド
みさき画廊 大分(個展) (`12,'16)
2005 Augen Gallery アメリカ(個展)('11)
2006 HANGA   Graphic studio gallery アイルランド
2007 あまねや工芸店 福岡(個展)('10)
2008 Revelation  アイルランド国立美術館
Idir/aida  柳沢画廊 埼玉、羊画廊 新潟、あまねや工芸店 福岡
2010 Shonandai My Gallery 東京(個展)('11)
2012 ギャラリー砂翁 東京(個展)
2013 Kura Graphic studio gallery アイルランド
テグ アートフェア 韓国
2014 アートギャラリーミューズ 群馬(個展)
2017 JINEN GALLARY 東京(個展)

作品収蔵
町田市立国際版画美術館  ティコティン日本美術館(イスラエル)   クリーブランド州立美術館(アメリカ)
アイルランド国立美術館 武蔵野美術大学美術資料図書館   Graphic studio Dublin (アイルランド) 
ポートランド美術館 (アメリカ)

20180210-12.jpg
作品「山水」

蔵野由紀子

1979年
熊本市生まれ
2002年
熊本大学教育学部
中学校美術専攻卒業
2004年
筑波大学大学院
修士課程芸術研究科修了
―これまで主に油彩画を制作―

2012-2015年
休筆

2015年
制作を再開
―これ以降主に水彩画を制作―

~現在熊本市在住~

20180210-11.jpg
作品「camellia」

武内明子  

1983年熊本生まれ 東京在住

絵を描いています。

20180210-9.png
作品「鳥も花火が見たい」

20180210-10.jpg

忠田愛(ちゅうだあい)

1981 大阪府生まれ
2000 同志社大学文学部文化学科美学芸術学専攻 中退
2007 京都造形芸術大学大学院芸術表現専攻修士 修了
【受賞】
2007 「修了制作展」混沌賞・大学院長賞
   「第11回公募新生展」新生賞
2010 「京都日本画新展」優秀賞
2012 平和堂財団新進芸術家奨励賞
【所蔵】
京都造形芸術大学、 京都大学、 ベネトン財団、大津市北消防署

20180210-7.jpg
作品「Sewing Clouds」2010年 45.5×56cm 

信國由佳理 yukari nobukuni

1981年 熊本県生まれ
2005年 大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ奨励賞受賞
2011年 英展招待出品(田川市美術館/福岡)
2012年 FEI PRINT AWARD入選
2014年 第13回南島原市セミナリヨ現代版画展西日本新聞社賞受賞
第88回国展「新しい眼」招待出品(国立新美術館/東京)
2015年 第6回山本鼎版画大賞優秀賞受賞
三越美術逸品会特集作家(日本橋三越本店/東京)
アワガミ国際ミニプリント展賞候補
2016年 FACE展2016 損保ジャパン日本興亜美術賞展入選
(損保ジャパン日本興亜美術館/東京)
2017年 アワガミ国際ミニプリント展入選
第7回山本鼎版画大賞展入選
2018年 REIJINSHA GALLERY
戌・犬・狗・イヌ展 1月12日(金)~2月2日(金)
福岡三越3人展 1月16日~21 他、個展グループ展


流れゆく時間の中で、「私という存在は何なのだろうか。」と自問し続ける。
その一方で、何も考えたくない、ありのままでいたいという考えが頭の中をよぎる。これまで、わたしを形づくるために一体どれだけの「もの」を消費してきただろうか。
どれだけのものが姿形を変え、わたしの血となり、骨となり、記憶となってきたのだろうか。
わたしのなかにある存在や記憶の欠片が一つ一つ積み重なり、わたしを形づくる。
版表現は、朽ち果てることで、作品として昇華していく。朽ち果てるもの、そして新たに生を得るもの。
相反する両者の積み重ねがわたしの版表現。

20180210-8.jpg

会期 /2018年2月10日(土) ~ 2月25日(日) 11:00~18:00
   (月・火曜日店休)/最終日17:00まで
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20171216-3.jpg

ネコを愛するすべての人へ
緻密に描かれた不思議な生きものたち♪
こころ癒されるクラミサヨの世界。
どうぞご高覧ください。

会期 /2017年12月16日(土) ~ 12月24日(日) 11:00~18:00
   (作家在廊 16・17日)/最終日17:00まで
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20171118-3.jpg
20171118-4.jpg

近藤 克 KONDO Katsu

【略歴】
・千葉県船橋市 出身
・東京藝術大学大学院美術研究科後期博士課程 単位取得満期退学
・岩手大学名誉教授
・熊本市在住

 

【主な発表】
1983年 第6回バルパライソ・ビエンナーレ(バルパライソ市立美術館/チリ)
1985年 臨界芸術 85年の位相展(村松画廊/東京)
1986年 舟越桂・近藤克義・千崎千恵夫(西村画廊/東京)
1988年 88'秋MURAMATSU-金井正夫・近藤克義 展-(村松画廊/東京)
1989年 第19回現代日本美術展「現代絵画の展望-祝福された絵画」(東京都・京都市・高松市・船橋西武・北九州市・広島現代 各美術館)
1991年.1995年.1998年.2001年.2005年 個展(島田画廊/東京)
1996年 レクイエム-榎倉康二と33人の作家 Part3(斎藤記念川口美術館/埼玉)
1999年.2004年 個展(盛岡クリスタル画廊/岩手)
2001年 シリーズⅧ 岩手の現代作家(萬鉄五郎記念美術館/岩手東和町)
2005年 アート@つちざわ(東和町土沢駅待合室/岩手東和町)
2006年 アート@つちざわ(東和町土沢駅待合室/岩手東和町)
2007年 個展(旧石井県令邸/岩手)
2009年 多様な表現の中で-安藤郁子・宇田義久・小林志保子・近藤克・さいとうよしとも-(旧石井県令邸/岩手)
2010年 Prints-日本人の感性(旧石井県令邸/岩手)
2011年 私たちがIMA在ること展-7人の現代美術家たちによる-(岩手県立美術館/岩手)
2012年 抽象絵画-分かるとは-(旧石井県令邸/岩手)
2012年 明日の仕事、12人(Gallery彩園子/岩手)
2015年 アーティフィシャル=ネイチャーの諸相展(旧石井県令邸/岩手)
2017年 個展(なかお画廊/熊本)

表現すること
私は、我々が喜怒哀楽を経験したその後に人間の本質を見ているのだろうそこはかとない人間存在の悲しさを感じ取ることがある。
そして、その悲しさはささやかな事物に眼を向けるよう私に働きかけ、ひとつの見解をもたらす。
この日常的哲学の実践が絵画との関わりのなかで過去からの素朴な疑問―ゴーギャンの言葉を借りれば「我々は何者なのか」というテーマを合目的的に、活字では表現できない絵画的リアリティを生みだし、私はそこに表現することの意義を認める。
そして表現するにあたっては、「Shadow―影から闇へ、その中に見え隠れする真理の追求。」「Emotion―コミカルなタイトルを付与しながらパラドックスに深層感情の表現。」「Nothing=あらゆるものは消滅するという無常観の思索」などのシリーズを設定し多角的見方から「我々は何者なのか」というテーマを追究している。
願わくは言葉に置き換え理解しようとするのではなく、既成概念にとらわれず画面と対峙し体感してほしい。

会期 /2017年11月18日(土) ~ 11月26日(日) 11:00~18:00/最終日17:00まで
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20171015-3.jpg
20171015-4.jpg

三津木晶展「tablecross」

私たちのアートは民族も国も関係ない、本来の姿であるボーダーレスとして機能し始めた。
肩書きのない才能と実力の世界だ。
その中で最も生き生きと輝く若手作家の一人が三津木晶である。
作品に現れる日常の何気ない風景は凛とした断片に置き換わる。
精悍にも感じるし、優しげでもある。
三津木の物事を観る視点のセンスは際立つ。
私たちは、表現する前に観察することがいかに偉大かを知らされる。
人々が日々繰り返す毎日の視点をちょっとだけずらすきっかけを与えること、アートの果たす役割の一つだ。
三津木はいとも簡単にやってのける。 

プロフィール
1987 福岡県北九州市生まれ
2009 福岡教育大学初等教育美術専修卒業 個展 Aki Mitsugi Show・SPITAL  
2012 三津木晶展・画廊カンヴァス        
2013 三津木晶展・画廊喫茶こもれび
2017 三津木晶展 tablecross Gallery SOAP

グループ展
2011 PANDEMIC HALATION・GALLERY SOAP
2012 塩井一孝・三津木晶展・GALLERY MORYTA  
2014 三津木晶・亀川豊未展・GALLRY MORYTA    
2016 三津木晶・亀川豊未展・画廊香月  アートフェア
2015  ART FAIR ASIA FUKUOKA
2015・GALLERY MORYTA
2016  ARTF AIR ASIA FUKUOKA
2016・GALLERY MORYTA
2016  ART FAIR Sapporo
2016・GALLERY MORYTA
2016  ART KAOHSIUNG
2016(台湾・高雄)・GALLERY MORYTA
2017  Infinity Japan Contemporary Art Show 日本無極限 TAIPEI(台湾・台北)TAIPEI・GALLERY MORYTA

画像「table 1」102x144mm 2017 oil on canvas

会期 /2017年10月15日(日) ~ 10月29日(日) 11:00~18:00
[会期中の月・火は店休日となりますのでご注意ください。]

【10月15日オープニングパーティー 15:00-18:00】

お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る