Blog - 日々

20170715‐3.jpg


真鍋 政之 展

1985年 福岡生まれ
2009年 愛知県立芸術大学卒業
2010年 第10回三菱商事アート・ゲート・プログラム(作品買い上げ)
2015年 真鍋政之展 みぞえ画廊

西洋の古典技法を用いた油彩とテンペラによる混合技法の作品を中心に20数点展示致します。
微力ながら、熊本地震で被災された皆様に、絵画を通じて勇気と希望をおくる事が出来たらと思っています。
熊本では初個展です。
どうぞご高覧下さい。

会期 /2017年7月15日(土) ~ 7月23日(日)   11:00~18:00(最終日17:00まで) [会期中無休]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20170610-3.jpg


横島庄司展  HORIZON -水平線-

1960年 天草市栖本町生まれ
1984年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1986年 同大学大学院美術研究科修了
1987年 同大学非常勤講師(~'90)
1991年 スペイン政府給費留学生としてマドリッド大学美術学部博士課程入学
1994年 国際ロータリークラブ財団親善奨学生
1995年 マドリッド大学美術学部博士課程修了

1988年 第一回ジャパン大賞展準大賞受賞、文部大臣賞受賞
1993年 アミーゴ・ デ・ マドリッド財団及びマドリッド大学主催コンクール入選

個展
ギャラリー惣(そう)(銀座・東京)
みゆき画廊(銀座・東京)
ギャラリー汲美(日本橋・東京)
ギャラリーF分の1(御茶ノ水・東京)
ギャラリー啓佑堂(高輪・東京)
ギャラリー・エルポエタ(大宮・埼玉)
夢の庭画廊(上田市・長野)
ギャラリーToto (熊本市)
島田美術館(熊本市)
はじめギャラリー(熊本市)
ふれあいスペース如水館(苓北町・天草)
天草市本渡市民会館展示ホール(本渡・天草市)
ギャラリー・アントワープ(本渡・天草市)
天草市観光協会・ポルト(本渡・天草市)
ギャラリー・カタルシス(マドリッド・スペイン)
ギャラリー・スペース36(サモーラ・スペイン)
ギャラリー・カサ・ド・ブラジル(マドリッド・スペイン)
ギャラリー・カフェユニオン(マドリッド・スペイン)
ギャラリー・オロペンドラ(バジャドリッド・スペイン)
ギャラリー・アートルーム(マドリッド・スペイン)

グループ展
東京芸術大学資料館(上野・東京)
ふれあいスペース如水館(苓北町・天草)
ギャラリー汲美(日本橋・東京)
ギャラリー惣(銀座・東京)
泰明画廊(銀座・東京) 他多数出展

個展に向けてのコメント
ここ30数年にかけて、幾つかの画風を遍歴しながら創作上の在るべき方向性を模索し、更なる進化形を求めて止まない前進していく絵画である事を心がけ、より画面の簡略化、省略化、単純化を目指し、とうとう今現在に至っては、画面上下2分割となった単純な構図と色だけの表現を試みています。
私は、その上下2分割構図の違いからくる様々な境界線の印象を、ある複雑な「際(きわ)の表情と光の鬩ぎ合い」が織り成すひとつの景色、そこから感じ取れる感覚と記憶を蘇らせる様な不思議な思いが、まるで一枚の絵画となって自分を取り巻く空間になっているではないか!と気付きました。
そう思えるようになった時から私は、この地球上に現存する全ての生物達にも少なからず共有出来るかもしれない一風景、過去から現在に至るまでの何かしらの景色が存在し、その様な世界を表現した一枚の絵が出来たとしたら、それを其々の『原始風景』と名付ける事としました。
画面を見届けている内に、いつの間にか記憶の中に浸り、想像を膨らませながら、
自分は向こうへ行くのか?
或いは向こうからこちらへ来たのか?
若しくは此処で立ち止まるのか?
それとも更に前へ進むのか?
そんな思いがちょっとでも作者自身の中に現れたら、その一枚の絵筆は止めるように心掛けています。
何故ならば、一人ひとりの想像力のためには、過剰なまでの説明は要らない!
過剰なまでのサービス提供は、想像力を阻害する!
と思っているからです。
一人ひとりの其々の景色に期待します。

会期 /2017年6月10日(土) ~ 6月18日(日)〔作家在廊 10日.11日〕   11:00~18:00 [会期中無休]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20170520-3.jpg


難波多輝子展~やわらかな日々~

東京造形大学デザイン科卒業
1991年個展 ギャラリーマロニエ/京都 なびす画廊/銀座
1997年個展 画廊翠巒/前橋 同'02
1998年春陽展 東京都美術館 同'99、'00
1999年現代版画の表現展 画廊翠巒/前橋
2013年個展ギャラリーROUTE66/桐生
2014年個展なかお画廊/熊本 他グループ展
2016年個展パンセギャラリー/桐生 ギャラリー・アンフィール/松山

同時開催のお知らせ

丸尾康弘展 (はじめギャラリー)
http://hajimegallery.jp/

野田竜太郎展 (ギャラリー楓)
http://foo-archi.sakura.ne.jp/gallery_foo_index.html

会期 /2017年5月20日(土) ~ 5月28日(日) 11:00~18:00 [会期中無休]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20170422-3.jpg


岩永恵理展

日本画の画材や表現をとおして日々感じていることを
描いています。ご高覧頂ければ幸いです。

岩永 恵理 Eri Iwanaga

1980年生

県立第二高校美術科
崇城大学芸術科美術学科日本画コース卒業
同大学院芸術研究科美術専攻日本画修了

2004年 36回日展入選(同05.11;12.14)
17回熊本アートパレード現代美術館賞

会期 /2017年4月22日(土) ~ 4月30日(日) 11:00~19:00 [会期中無休]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20170401-3.jpg

『正村タカシ展 いつものけしき』のご案内

なにげない風景 
心にとまったカタチをスケッチしています。
油彩、水彩などを展示いたします。
どうぞお出かけ下さい。

会期 /2017年4月1日(土) ~ 4月9日(日) 11:00~18:00 [会期中無休]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20170220-3.jpg
1.jpg

『長谷川潔とパリの日本人画家たち』のご案内

明治以降、日本の洋画家のほとんどは、欧米の影響を受けました。今展では海を渡った画家の中から、藤田嗣治・萩須高徳・長谷川潔・浜口陽三、日本に帰らず海外で名を上げた坂東敏雄・田中保などみごたえのある作品が並びます。皆さまご期待ください。

長谷川潔は1891年生まれで、昨年、生誕120年になりました。フランスで長く廃れていた古いマニエール・ノアールの技法を復活させ、その静謐で深い哲学的な画風で世界的な名声を博しました。戦後も帰国することなく1980年、パリで没しました。

会期 /2017年2月20日(月) ~ 3月5日(日) 11:00~18:00 [毎週火曜日・2/26日休み]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20170121-3.jpg

高祖かず子ニットワーク展

まっすぐ着たり、逆さに着たり。 ベビーアルパカで編んだふんわりと暖かなニット。 色鮮やかなパンツ、カーディガン、ワンピース、 ネックウォーマーなど どうぞお出かけ下さい。

会期 /2017年1月21日(土) ~ 1月29日(日) 11:00~18:00 [会期中無休](作家在廊日1月21日) 
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20161221-3.jpg

でおひでお展 サティさんへ

今年はフランスの作曲家エリック・サティ(1866-1925)の生誕150年にあたります。 記念すべきこの年に、大好きなサティをテーマに個展ができることになりました。 サティさんの音楽とともにお愉しみ頂けたらとても嬉しいです。

でおひでお

プロフィール

1969年生まれ
早稲田大学法学部中退
2013年 第3回青木繁記念大賞西日本美術展 優秀賞
2015年 第27回熊本市民美術展 熊本アートパレード 奨励賞 

会期 /2016年12月21日(水) ~ 12月27日(火) 12:00~18:00 [会期中無休]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20161209-3.jpg

手織りの仕事 ノッティングの椅子敷き展

倉敷本手織り研究所よりふわふわで暖かい椅子敷き「倉敷ノッティング」が届きます。工芸品や民芸品のもつ美しい形や色。この機会にぜひ触れてご覧ください。

倉敷ノッティング

木綿の経糸にウールの糸の束を結びつけて織りあげる手法のこと。ウールの糸は着物用の糸を使用しています。

会期 /2016年12月10日(土) ~ 12月18日(日) 11:00~18:00 [会期中無休]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る