Blog - 日々

20170220-3.jpg
1.jpg

『長谷川潔とパリの日本人画家たち』のご案内

明治以降、日本の洋画家のほとんどは、欧米の影響を受けました。今展では海を渡った画家の中から、藤田嗣治・萩須高徳・長谷川潔・浜口陽三、日本に帰らず海外で名を上げた坂東敏雄・田中保などみごたえのある作品が並びます。皆さまご期待ください。

長谷川潔は1891年生まれで、昨年、生誕120年になりました。フランスで長く廃れていた古いマニエール・ノアールの技法を復活させ、その静謐で深い哲学的な画風で世界的な名声を博しました。戦後も帰国することなく1980年、パリで没しました。

会期 /2017年2月20日(月) ~ 3月5日(日) 11:00~18:00 [毎週火曜日・2/26日休み]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20170121-3.jpg

高祖かず子ニットワーク展

まっすぐ着たり、逆さに着たり。 ベビーアルパカで編んだふんわりと暖かなニット。 色鮮やかなパンツ、カーディガン、ワンピース、 ネックウォーマーなど どうぞお出かけ下さい。

会期 /2017年1月21日(土) ~ 1月29日(日) 11:00~18:00 [会期中無休](作家在廊日1月21日) 
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20161221-3.jpg

でおひでお展 サティさんへ

今年はフランスの作曲家エリック・サティ(1866-1925)の生誕150年にあたります。 記念すべきこの年に、大好きなサティをテーマに個展ができることになりました。 サティさんの音楽とともにお愉しみ頂けたらとても嬉しいです。

でおひでお

プロフィール

1969年生まれ
早稲田大学法学部中退
2013年 第3回青木繁記念大賞西日本美術展 優秀賞
2015年 第27回熊本市民美術展 熊本アートパレード 奨励賞 

会期 /2016年12月21日(水) ~ 12月27日(火) 12:00~18:00 [会期中無休]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20161209-3.jpg

手織りの仕事 ノッティングの椅子敷き展

倉敷本手織り研究所よりふわふわで暖かい椅子敷き「倉敷ノッティング」が届きます。工芸品や民芸品のもつ美しい形や色。この機会にぜひ触れてご覧ください。

倉敷ノッティング

木綿の経糸にウールの糸の束を結びつけて織りあげる手法のこと。ウールの糸は着物用の糸を使用しています。

会期 /2016年12月10日(土) ~ 12月18日(日) 11:00~18:00 [会期中無休]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20161126-4.jpg

オーガフミヒロ展 -ときのあかり-

2016年1月25日、生まれて初めて降り立った熊本は例年にない寒波の影響で気温は氷点下、空は厚い雪雲に覆われていました。
前日からの雪で化粧を施された熊本城の白と黒のコントラストが目に鮮やかで、今でも脳裏にはっきり残っています。
外はずっと寒かったですけど、画廊主の中尾さんはじめ滞在中出会った方々の大らかで温かな心映えのおかげで、心はいつもポッカポカの退屈知らず、初めて過ごす街で素敵な思い出とご縁を頂き帰路に着くことができました。
それだけに4月の巨大地震のニュースは第二の故郷の惨状を見るが如くでした。
知る人にケガもなく無事であったのは不幸中の幸いでしたが、ついこないだ僕はあの街角を歩いていたじゃないか、雄々しい熊本城がなんという姿になってしまったんだ・・・・
胸は締め付けられ、居ても立っても居られないもどかしい気持ちが幾日も続いたものです。
東北大震災の時もそうでしたが、画家の僕は現状ではなんの助力も持ち合わせず、今でも無力の存在のままでした。
地震から半年強が経ちましたが、復興はやっと端緒についたところでしょう。
それでもほんのちょっぴり心にゆとりが出来てきたでしょうか。
今なら芸術が少しばかり力になれるかもしれません。
「今」の熊本の方々に、「今」のオーガの絵を届けたく思います。
作品からひとかけらでも光を感じ取って頂けると幸いです。

オーガ フミヒロ

なんども塗り重ねながら、独特の色調で詩情豊かな作品を制作する オーガフミヒロ。 

このたび なかお画廊で 初めての個展を開催することになりました。
「そして満ちる」 「修理夫」「キャンディタイム」ほか、20点余の作品を展示いたします。 
優しさと孤独感を漂わせた オーガフミヒロの世界をお楽しみください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
作家の意向により、今展覧会の収益の一部を熊本地震義援金として熊本県に寄付
いたします。

会期 /2016年11月26日(土) ~ 12月5日(月)  休廊:12月1日(木)
11/26日19:00~オープニングパーティ
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20161112-03.jpg

東 弘治 銅版画展

銅版の中に過去と未来、そして今が潜んでいる。

会期 /2016年11月12日(土) ~ 11月20日(木) 11:00~18:00 [会期中無休]
12日18:30~よりささやかなパーティを催します。お気軽にご参加ください。
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

161029-3.jpg



蟲展

秋の蟲展のご案内です。あんな蟲やこんな蟲が集まりました。ぜひじっくりとご覧ください。皆さまのお越しをお待ちしております。

革蟲|mojoca
陶蟲|にしだ みき
立体蟲刺繍|ながふち なほみ

会期 / 2016年10月29日(土) ~ 11月3日(木) 11:00~18:00 [会期中無休]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

161009-3.jpg



藤井蓮個展 Ren Fujii Exhibition

京都生まれ。独自の技法で紙をちぎり、作品を作る藤井蓮さん。
熊本で初めての個展となります。
たくさんの皆様にご覧くださいますようお願い申し上げます。
藤井先生講師に ワークショップも開催いたします。

【貼り絵ワークショップ】
 10月9日 14時〜 / 19時〜 (各2時間から3時間ほど)
 ■各定員6名  ■参加費1000円 <要予約>

【略歴】
1979年 京都に生まれる
父上は平成の琳派と人気の日本画家 藤井勘介氏
京都府立山城高等学校卒業
2005年 独学で貼絵を始める
2007年
山口、GALAXYふくながにて、初個展
京都、ギャラリー正顴堂にて、個展
2011年
愛知、ギャラリー安里にて、個展(以降2年に一度)
神奈川、横浜高島屋にて、藤井勘介・藤井蓮、二人展
東京、ギャラリーHANA下北沢にて、個展(以降2年に一度)
秋田、秋田西武にて、個展
大阪、高島屋大阪店にて、個展
2012年
千葉、ギャラリー椿にて、個展
京都、ギャラリー正顴堂にて、個展(以降毎年)
2013年
神奈川、横浜高島屋にて、藤井勘介・藤井蓮、二人展
2014年
山口、GALAXYふくながにて、個展
秋田、秋田西武にて、個展
東京、松屋銀座にて、個展
京都、ギャラリー正顴堂にて、個展

会期 / 2016年10月9日(日) ~ 10月17日(月) 11:00~18:00 [木曜休]
作家在廊 / 2106年10月9日・10日
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

20160918-03.jpg

20160918-04.jpg 20160918-05.jpg

有田 巧 Takumi Arita フレスコ画小品展 + 箱繪 (コラージュ)
作家在廊日:9月18日・19日・20日


賢治を探して

鮮烈な初々しい言葉で満ち溢れている宮沢賢治の作品はそれぞれが、詩であれ童話であれ、刺激してやまない。作品の中の、はっきり掴めない、見えない、聞こえない部分を、自身の内にある感覚で埋めようとして、読む者は迷路に誘い込まれる。その迷路の不思議な広がりに惹かれて追いかけてきましたが、賢治のシルエットぐらいしかまだ描けていません。そのシルエットだけでも見て頂ければ幸いです。

有田 巧

会期 / 2016年9月18日(日) ~ 9月25日(日) 11:00~18:00 [会期中無休]
お問い合わせ / なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る

2016年9月9日(金)~11日(日)にホテルオークラ福岡で開催されました
ART FAIR ASIA FUKUOKA 2016において『なかお画廊』が参加いたしました。


  AFAF2016公式ホームページ / なかお画廊 


2016af-01.jpg

今回は木下晋の鉛筆画、掛井五郎の彫刻とドローイング、平澤重信の油彩画、若手作家では武内明子と宗像裕作のアクリル画に加え藤井蓮のちぎり絵等の作品を多数のお客様にご覧いただきました。

会場風景

2016af-02.jpg 2016af-03.jpg

2016af-04.jpg 2016af-05.jpg

2016af-06.jpg

来場作家

2016af-07.jpg 2016af-08.jpg
左 : 武内明子(熊本日新聞記者の方と供に)   中央 : 宗像裕作   右 : 木下晋