Blog - 日々

201907top.jpg

20190707-5-2.jpg

小川 万莉子 / Mariko Ogawa

1987 熊本県生まれ
2014 京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 ペインティング領域 修了

個展

2019 ART space & TEA わとわ、東京
2018 art gallery closet、東京
2017  Oギャラリーeyes、大阪
   ひとよし森のホール、熊本
   gallery moe、熊本
2016 ギャラリーヤマダ、熊本
2015 art gallery closet、東京
2014 銀座スルガ台画廊、東京

グループ展

2019 「心象 2019」現代美術作家選抜展 GALLERY ART POINT、東京
   「萌の会」銀座スルガ台画廊、東京
   「outside and the inside 6 -眺めの深度」Oギャラリーeyes、大阪
   「L'espoir decade 2008-2018」銀座スルガ台画廊、東京
   「1000枚ドローイング」ギャラリー KINGYO、東京
2018 「Microfracture 2018」Oギャラリー、東京
   「姫爛漫展」ギャラリー KINGYO、東京
   「夏のシンフォニー 2018」中和ギャラリー、東京
   「19人の表現者たち展」K'sギャラリー、東京
   「春爛漫展」Artisans北鎌倉、神奈川
   「第16回NAU 21世紀美術連立展」国立新美術館、東京
   「1000枚ドローイング no.2」 ギャラリー KINGYO、東京
2017 「夏のシンフォニー 2017」中和ギャラリー、東京
   「トゥールビヨン 0」Oギャラリーeyes、大阪
   「18人の表現者たち展」K'sギャラリー、東京
   「萌の会」銀座スルガ台画廊、東京
   「草原展 平面 小品展」ギャラリー KINGYO、東京
   「1000枚ドローイング no.2」 ギャラリー KINGYO、東京
2016 「2016 Derby展」ギャラリー KINGYO、東京
   「トゥールビヨン 14」 Oギャラリーeyes、大阪
   「贈りもの展2016」ギャラリー恵風、京都
2015 「ジ・アートフェア+プリュス-ウルトラ2015」
    スパイラルガーデン、東京
   「The extracted element 2015 」Oギャラリーeyes、大阪
2014 「Between the scene and the form 2014 」Oギャラリーeyes、大阪


小川 万莉子「untitled」アクリル.木炭.蜜蝋 72.7×60.6㎝

学生の頃に一度だけ能の舞台を観たことがある。
舞台の上で、僧侶と幽霊がぐるりと京都の山々を見渡していた。
今では見えないであろう景色を、四方の山々を、見渡していた。
いつのまにか、私も一緒になって山を見ていた。
不思議な感覚だった。時間と空間の境界が曖昧になり、身体の境界も曖昧になっていた。

私はよく自然の中を歩く。
身体の上に、はらはらと落ちてくる花びら。柔らかな雨。突風。草木の匂い。ざわめき。
そんなものを感じながら歩く。歩きながら、自分の身体の境界の曖昧さを意識する。

そのような感覚の中で、絵画における抽象的な領域を意識して、空間をつくっている。

佐 野 直 / Nao Sano

1987年 熊本県生まれ
2009 年-2010年 イギリス・チチェスターカレッジ在籍
2011年 福岡教育大学生涯スポーツ芸術課程美術領域卒業

主な展示

2014年「テーマ展示:夏の夜 河原町アワード2013 熊本市現代美術館賞特別出品」/ 熊本市現代美術館(熊本)
2014年「Nao Sano Exhibition『point rhythm』」/シゲキバ(福岡)
2015年「佐野直×髙橋文子二人展」/ギャラリー青羅(東京)
2017年「Nao Sano Exhibition『漂う景色』」/蔦屋書店熊本三年坂 (熊本)
2017年「Nao Sano Exhibition『Landscapes』」/ギャラリーBiN (福岡)
2018年「佐野直・福嶋さくら二人展」/ギャラリー尾形(福岡)
2019年 VOCA展2019 現代美術の展望-新しい平面の作家たち/
    上野の森美術館(東京)
2019年 精神の風景/EUREKA(福岡)

その他

2010年「TURNER AWARD 2010」/未来賞
2017年「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2017」ギャラリー尾形より出品/
    ホテルオークラ福岡(福岡)
2017年「第9回香梅アートアワード」/奨励賞
2018年「Displaced Artists Fund」バーモントスタジオセンターにて1ヶ月滞在制作/(アメリカ)

20190625.jpg
佐野 直「LAKE1」アクリル・油彩 53×41㎝

水面の揺らぎを眺めているとその動きに揺られて吸い込まれていくような不思議な感覚になることがある。
それと同じように日常の風景はあるときその一部分が浮き上がって風景ではなくなるようなそんな瞬間がある。
私はその瞬間を切り取って描くことを試みている。
全ての場所は実在し、私が面白味を感じた部分を描いているが、見る人には自由に解釈してもらいたい。
その人が小さい頃見た思い出の風景であったり、旅先で見た風景であったり、そもそも風景にすら見えなくても構わない。
海のようであり山のようであり、止まっているようで動いている、具象のようであり抽象のようである そんな風に自由に変化していく風景を描きたい。

When we stare the fluctuation on the water surface, we may be caught by mysterious feeling as if we were drawn into the depth of water.
Similarly, when I see landscapes around me, I am caught by a sensation sometimes as if one specific landscape stood up among others. Even though it is one of the landscapes I see every day, it does not look the same on such moment.
I cut off the landscapes of such moments, and try to portray them on the canvas.
All landscapes I portray are the ones which exit in reality, but I only pick up the parts which interest me.
And people who appreciate my works can enjoy their free interpretation about them.
For instance, my works can be the nostalgic landscapes which people have seen in their childhood, or my works can be the reminders of their happy trips. In the first place, it doesn't matter for me whether my works look like the landscapes or not. They may look like mountains or oceans; they may look moving or still. They may look figurative or non-figurative. My works fluctuate by the perception of people who appreciate them.
I would like to depict such landscapes.

【会期】 2019年7月7日(日) ~ 7月20日(土) 11:00~18:00
     水曜日休廊 ※7月14日は14:00閉店
【お問い合わせ】 なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る