Blog - 日々

201905-1.png
201905-2.png

201905-3.png

フィルムによるモノクローム写真で独自の世界を築くセルゲイ草柳氏の写真展。
2010年~2017年にかけて旅をしたヨーロッパの路上生活者などを撮ったドキュメント。

手透き和紙や流木や石や布を支持体に、泥や草の汁を混ぜた自作の乳剤を塗布する技法でプリントした作品にセルゲイ氏の詩と合わせてゆっくりと楽しんで頂けたら嬉しいです。

関連イベント
ギャラリートーク 「即興詩人 草柳氏のひとり言」
開催日時 5月6日 14:00-15:30
場所   なかお画廊
定員 30名 要予約
参加費1000円
※料金は当日会場でお支払いください。

ヨーロッパ放浪の旅で出会った風景や人物を和紙や流木、布等に焼き付ける手法で表現する写真家セルゲイ草柳さんのギャラリートークです。
セルゲイ氏と手漉の和紙との出会い。語り掛けるような写真のお話を聞いてみませんか?


コーヒーなどの飲み物の提供は両日とも別途料金にて喫茶クラムボンが出店してくれます。

企画   なかお画廊
共同企画 Studio Art-Chip / 林 竜馬

セルゲイ草柳
1940 神奈川県横須賀市出身
朝鮮戦争勃発時 基地の少年として送る。
1972 宮崎県の山奥にて自給自足
1979 親子3人ロンドンハムスへ移住
1983 福岡へ帰国 仕事の傍らフィルムモノクローム作品を作り始める
2005 印画紙を自作しはじめる
2013 作品を風呂敷に包みベネチア、ローマ、マドリッド、他数か国のギャラリー巡りを始める。

主な展示
2013 ポルトガルコインブラ個展
2014 パリバスティーユギャラリー
   富士フィルムフォトサロン福岡個展
   パリルーブル美術館展示
2016 パリバスティーユギャラリー個展
2017 富士フィルムフォトサロン福岡個展
2018 フランスCHEDIGYフォトビエンナーレ参加
   富士フィルムフォトサロン福岡個展

5月10日付 西日本新聞
0510media.jpg

【会期】 2019年5月6日(祝) ~ 5月26日(日) 11:00~18:00 / 水曜日休廊
【お問い合わせ】 なかお画廊 熊本市東区佐土原1-13-2 TEL 096-368-9562

Exhibition - 展覧会情報一覧に戻る